-

外為の経験がない方がFXの重要なところを見つけるには最初に実戦を積む事が不可欠です。とりわけ、事前に危険性を予期するようになるにはへまを重ねる事も体験のひとつです。とは言うものの、負けたといっても命取りとなるほど大きな失敗をしてはいけない。ちょっとしたケアレスミスを数回実践する事が最終的に自分自身のレベルを上げてくれます。これを考えると、まず初めは少額でエントリーしてこれによって何度か取り戻せる損をすることをおすすめする。100万円しか投資する余裕が無い場合、深く考えずに100万円を一円も残さないで賭けて取引すると、失敗した時今後取り返せない恐れがあります。それよりは、たとえば資金の1割ずつ小分けして取引してそこで売買を重ねた方が所徐に負けを減らす手段なども習得するはずです。最初は少ない額で売り買いする事の長所は、既出の通り、自分自身の体験を増やし、損を回避する手段を学んでいく事にありますが、売り買いの回数を繰り返す事で、偶然性を減らす事ができるというメリットもあります。想定として、1回あたりのトレードで利益を上げられる可能性が50%とします。同じく50%の確率で損失を生む可能性もあります。勝率50%ということは半分半分の割合でプラスになる事を意味しています。だが、全ての投資資金を注ぎ込んで1回のみのトレードをするということは、明確な勝ちか、負けのいずれかになります。これではただのギャンブルと同じです。結局のところ、全ての投資資金を使って1度だけしか仕かけないとこの分だけ損する可能性が大きくなってしまいます。それだけに、投資するお金を1度にすべてつぎ込むのではなく少額ずつ分けて投資機会を増やす事がリスクコントロールとなります。同時にいくつかに分けたとしても全てのエントリーで稼ぐ事は大事ではありません。と言うよりは、勝利する事が出来ないのが実際です。トレードで大事なのは勝つ確率ではなく、どのように利益を出すかです。勝率5割でも例えば勝率5割以下でも儲かる時は儲かります。5割以上負けても損が小さければ、わずかな勝利の儲けだけで十分に儲けられます。そのために重要な事は、損を小さく、利益を大きくを肝に銘じる事です。損したら間髪を入れずロスカットして、それとは逆に儲けられる場合は可能な限り大きく儲けることが、外国為替証拠金取引ビギナーがFXで成功する方法です。

Category

リンク