-

とうとう始める時という状況では、一番に準備を手抜きしてはいけません。相場に入る前であったならば、相場を論理的に調査する事ができるゆとりがあります。ところが、いったん取引の内側に立ち入ってしまうと、何をしても見解が自己中心的になる場合があり時々真っ当な判断を下せなくなるリスクがあります。それゆえに自身のメンタルが落ち着いている場面で、ちゃんとした準備を進めておくことが大切なのだ。その”準備”のためには最初は自分の台本を作成する事からスタートする。この先の相場はああだからランドをエントリーするみたいに自分だけの台本を書いていきます。次に重要なのは為替チャートをチェックする事です。過去の市場の値動きを見定めて今の相場を確認する。すると、「今現在は割りに安い水準だ」など、他には「すでにたくさんの方が売買しているから、これから自分かエントリーしても今はもう遅いな」などと分かってきます。もちろんもう買い(または売り)するのがやりようがないと思っていたら、エントリーしないで、そこのところは割り切ることが不可欠です。どうしても自分自身のストーリー展開を妥協しないで、強引にトレードすると為替相場に押し返されてしまい、反対にマイナスになる危険性があります。もっともたいがいのケースで、事前に準備している自分自身の物語を作っているとすれば、エントリーが遅いなという場面にはならないと考えます。大方、明確に外国為替市場が動意する前の状況のはずだからです。続いては、まずは自分が注文しようと検討している売買ポジションの変化を、しっかり調べる事が不可欠です。もしも、ドル高が進むはずだという脚本を考えたのであれば、該当する外貨の推移に注目しておくことだ。外国為替相場の動きを注視し始めたときでは、まだ該当の外貨は分かりやすく変化する様子を見せることはなく多少の動きをしているだけでしょう。だが、その変化をきちんと気をつけていると、ある位置で、ドル高へと相場が推移し始めます。ここでやっと、ドル買いのトレードします。通常、周到に事前の準備さえしておけば、その取引で稼げる確率はかなり高くなるはずです。

Category

リンク